トップページへ

墨美会とは

墨美展

友好交流展

展覧会情報

写生会・研修会

水墨画のポイント

会員のひろば

リンク

更新履歴

 

情報誌『墨美』

 

二十一世紀の書画芸術は『墨美』読者がつくります

新世紀の水墨画や書のあり方をみんなで問い、日本文化の新時代を築いていうと

する活動が始まっています。墨美は日本独自の墨の美を探究しようという意味で、

墨の美術を愛するすべての人が対象です。毎号丁寧に読み進めていただくと、

水墨画を中心に書画間連の技術や知識が身につくように編集されています。

 

         ◇ 「墨美会」正会員『墨美』購読者(購読会員)との違い

○ 「墨美会」正会員は、墨美展に優先出品し、墨美会指導者から指導を受けたり、

研究会、写生会などに参加できるほか、書画用具の割引特典などが受けら

れます。趣旨に賛同し、同志的に協力することが必要で、年会費は12

(主に事務費、『墨美』年間購読料含む)です。

○ 『墨美』は非営利研究誌で、購読会員は「墨美展」出品の義務はありませんが、

希望すれば出品できる予備軍です。購読だけでもよいので、作品を書いて

いない方もぜひ読んでください。16頁は全部読みきれるからよい。かさばら

なくてよいと好評です。

○ 『墨美』は、営利雑誌では記事にしない真実の知識や理論を、できるだけ

わかりやすく伝えていきます。墨美会長老をはじめ、書画界の指導者、編集

者多数が記事作成にかかわり、二十一世紀の書画のあるべき方向を見定め

ていきます。

 

      ◇ 『墨美』購読料

            墨美術の研究・交流・情報誌(非営利誌)  A4判、16頁上製、季刊発行(4)

○ 年間購読料(送料・税含む)  2,000

○ 一部単価 (送料別)        500

ご購入希望の方は墨美会事務局へハガキ・FAXでご連絡ください

 

『墨美』購読申込希望します

 

   墨美会編集室

杉谷 隆志    (墨美会会長・編集主幹兼発行人)

笠谷 百歩    (墨美会運営委員・編集委員代表)

菅原 吾法    (墨美会運営委員・編集委員)

青山   穆    (墨美会編集委員)

久昌貴代江   (墨美会事務局長・編集委員)

 

 

2017年号

2016年号

2015年号

2014年号

2013年号

2012年号

2011年号

記録

2017夏号(平成297) 56

特集

・第34回墨美展大成功 !

・創作U(自由展示)に出品して

 青山 穆、秋山昭洋、岡本鳥好、小城雅城

 国分寺ひとひの会(橋本千代子)、坂巻久恵

 須黒無三司・久江、竹内白苑、松尾右翠

・墨の美東西南北-若狭若州・若狭博 二人展

 傳 益瑤が描く中国・日本の祭り絵展、

 酒井清一現代水墨展

2017年度墨美会総会報告

・スケッチ旅行記-瀬戸内海・小豆島の絶景を

 巡る旅 水野酔泉

・卒寿の散歩C 杉谷隆志

 

2017春号(平成294) 55

特集

・いよいよ開幕!34回墨美展

みどころ一杯の作品

・創作Uに挑戦しました 秋山昭洋

・水墨の美再発見 文人画浦上玉堂より想うこと

    青山 穆

・曽令富・曽勤・曽黎父娘三人展

・墨の美東西南北

  尾高浩羽水墨画展、フジ芸術友の会展

  姚小全個展、醒墨会展、日本中国水墨画

合同展

・研修レポート「文房四宝」 講師酒井清一

・卒寿の散歩B 杉谷隆志

 

2017新年号(平成291) 54

特集

・平成29年 年頭の辞 墨美会会長 杉谷隆志

・水墨の美再発見-現代中国画の巨星-

  宗其香の山水画表現

・島田正治メキシコ墨画展、酒井清一個展

・墨の美東西南北

  王子江絵画展、墨調社展、現水展、馬驍芸術

  大賞展作家展、墨泉会展

・一枚の絵誕生物語-

『オオワシの飛翔』   下田繫衍

・研修レポート 「墨モダンアートを愉しむ」「墨で

  人物画を描こう」

・スケッチ旅行記 

  「九寨溝・黄龍を巡る旅」

・卒寿の散歩A 杉谷隆志

 

 

 

inserted by FC2 system