トップページへ

墨美会とは

墨美展

情報誌『墨美』

友好交流展

展覧会情報

水墨画のポイント

会員のひろば

リンク

更新履歴

 

写生会・研修会

 

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

記録

◆阿里山と関子嶺温泉を巡る旅 スケッチ旅行

20171025()30()  56

訪問場所 台北、阿里山、関子嶺温泉、台南、傳益瑤絵画展参観

旅行代金 188,000    旅行企画・実施 潟Lャラバンツアー(担当 増山)

申込締切 95()

詳細の募集要項パンフレットはこちらです。

 

□「墨の美」セミナー 『第12シリーズ  人物画-家族を描いてみよう』

 @2017922() 10:0013:00 東京都美術館スタジオにて

  自主研究と出品に関する相談等となります。

 A20171017() 10:0013:00 東京都美術館スタジオにて

 講師 小泉岳弘

参加費 500円。  普段使用している練習用書画用具一式を持参願います。

家族の写真(家族は広くとらえて、身内に限らず、ペットも含めて可。家族団らん、一緒に働いている場面等々、自由に)。画仙紙は100円頒布も用意しております。

 

参加希望者は事前に事務局までお申し込みください。

 

◆瀬戸内海・小豆島の絶景を巡る旅 スケッチ旅行

2017529()30() 参加人数 12

初日は農村歌舞伎舞台とその村里に展開する千枚田の豊かな原風景のスケッチか

らスタート。翌日はマルキン醤油記念館を散策後、寒霞渓へ向かう。思い思いにスケッチしたあとは迷路の街並みを抜けてエンジェルロードへ。

掲載誌『墨美』2017夏号56

□「墨の美」セミナー 『第11シリーズ  墨彩はがき絵』

  2017522()  10:0013:00 東京都美術館スタジオにて

  2017626()  10:0013:00 東京都美術館スタジオにて

  講師 青山 穆

参加費 500円  普段使用している練習用書画用具一式を持参願います。本画仙はがきを使用します。お持ちでない方は会場でお買い求めください。5枚組100円。

参加希望者は事前に事務局までお申し込みください

 

□「墨の美」セミナー 『文房四宝-墨色の冴えを表現するための紙・筆・墨の知識』

  2017213()  100013:00東京都美術館スタジオにて

  2017313()  100013:00東京都美術館スタジオにて

  講師 酒井清一 (雅号:翠 酒湖) 

        元竃n運堂勤務、前「月刊水墨画」編集長

 第1回は基本的な墨・紙・筆・硯の概要、特に膠の役割、墨色の冴えについて分かりやすい説明が行われた。2回目のワークショップでは滲みを利用した花びら模様、筋目描きを体験した。

掲載誌『墨美』2017春号55

 

 

inserted by FC2 system